なぜ相続対策が必要なのでしょうか


私たちは長寿の国と言われる日本に暮らしています。
健康寿命がのび、シニア時代をイキイキと楽しむ人が増えています。

そのまま元気な状態で人生の終わりを迎えることができれば理想ですが、誰でも、いつ何が起きるかは分かりません。

もしも…

大きな事故にあったら…
重い病気になったら…
寝たきりになったら…
認知症になったら…


そのような状態で、お墓やお葬式、残された財産の相続のことを考えられるでしょうか。もしものことがあった時に支えてくれる人の存在は?ペットがいる方は、大切な家族のその後も考えなくてはなりません。何も準備ができていない状態だった場合には、残された家族が全ての整理を背負うことになります。


「終活」今から始めてみませんか?


残された人たちの負担にならないように、何より、ご自身の毎日が一層あかるいものになるように「終活」があります。「終活」とは、事前に準備を行い人生の終わりをより良いものとすることです。お葬式やお墓について考えたり、相続についての計画を立てて整理をしておくことで、安心して余生を過ごすことができます。

例えば…

エンディングノートをまとめる
不動産・財産の相続を整理しておく
お墓を決めておく
ペットの引き取り先を決めておく
自分の荷物を片付けておく


相続診断士は、これらの相続に関する様々な事柄を円滑に進める役割を担っています。現状をヒアリングして問題点を明確化。弁護士や司法書士など問題に合わせた専門家へつなぐ役割も行います。相続コンサルタントオフィス ラクレアでは、お客様と一緒に問題に向き合い、皆様が抱える不安を“安心”に変えるお手伝いをしています。