親が亡くなったとき~子供のあなたがしなければならないこと~①

佐野市の争う相続を撲滅したい!
笑顔相続でいっぱいの佐野市にしたい!
佐野市の相続診断士 大谷 香也子です

日本では毎年130万人以上の人が亡くなっています。(平成29年:約134万人)

栃木県でも毎年2万人以上の方が亡くなっており、毎年増加しています。

栃木県の日本人の自然増加数は、減少傾向が続き、平成18年から死亡者数が出生者数を上回り、12年連続のマイナスとなっているようです。

1ケ月あたり約1670人、1日あたり55人

ある調査によると1人の方に法定相続人は平均役3人と言われます。

ということは栃木県内で毎日165人もの方が、相続の当事者になっている訳です。

この数が多いと思いますか?少ないと思いますか?

「相続人になる」ということは人生でそう何度もあることではありませんね。

人はいつ亡くなるか、何歳で亡くなるか、誰にもわかりません。

多くの人は「いつか」来るだろうとは思ってはいると思います。

死は「必ず」訪れます。

その現実から目を背ける事無く、しっかりと向き合う事で

「身近な人」や「親」との「残された時間」をどのように過ごすべきかが見えてくると思います。

親が亡くなったときしなければならないことという内容で数回に分けてお話していこうと思います。

個人の方の相続対策サポート
家族会議支援
エンディングノートセミナー
佐野市の相続に関してのお問い合わせは
相続診断士事務所 ラクレアへ

「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
またお気軽にお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です